2ちゃんねるのスレッドから全レスをtable形式で抽出するJavaScriptコード


Firebugで動作する。

スレッドをブラウザ(firefox)で開いて,コンソールで実行すればよい。

var rescnt = 1; var table_src = $x("//dl[@class='thread']/dd").reduce(function( ret, i ){ ret += "<tr><td>" + rescnt + "</td><td>" + i.innerHTML.replace(/<a [^>]*>([^<]*)<\/a>/g, "$1" ).replace( /<br>/g, "\n" ).replace( /</g, "&lt;" ).replace( />/g, "&gt;" ).replace( /\n/g, "<br>" ) + "</td></tr>"; rescnt ++; return ret; }, "<table border=1>\n" ); table_src += "</table>"; document.write( table_src );

なお,さいきんはスレッドの内容を転載する行為に制限があるので,ご利用にあたっては注意してください。

 

たとえば,下記のスレッドの内容をテーブル形式で抽出したいとする。

2008年ごろのスレッドの一部だ。

ルベーグ積分の参考書
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/math/1221003885/81-

Firebugでコンソールで冒頭のコードを実行すると:

1 皆さんはルベーグ積分を勉強した時にどんな本を使いましたか??





2 多くの本を買ったがなかなか身につかなかったアホからのアドバイス。

最初に、自分にあった本(図書館や書店の棚から)選ぶ。これは自己責任で。
あくまでも他人の意見は参考にしながら。この時点で2冊程度にしぼる。

その本を熟読する。わからない箇所(定義、定理・補題の主張、証明など)をメモしておく。
それをブログなんかにさらすのもいまどき。

ほぼ読み終えたと思ったら、別の本を読みながら、不明箇所をチェック。

この時点で、自己に対してテスト。
ルベーグ積分における基本的結果(線形性、収束定理、フビニの定理など)を自力で証明してみる。
不明な箇所があれば、買った本やその他の本で証明をフォローしておく。
その証明も、2通りぐらいの別証明をフォローできるといい。

このあとは、他分野の本を読みながらルベーグ積分の知識を正確で深いものにしていけばいいかと。
(確率論、関数解析偏微分方程式論など)


3 理系参考書売買スレッド Part8
 http://changi.2ch.net/test/read.cgi/jsaloon/1245876308/651
 


4 402


5 470


6 81に賛成する

やっぱり証明をぱっと思い付くようにしておかないとな
わすれたら公式集を使って計算できればいいやみたいなイージイな勉強してると行き詰るよ

つけくわえるとやっぱり応用が大事 ルベーグ積分は使えてナンボだよ
独自に具体的事例を考えるとかもいい―量子力学




7 釣りにしてもお粗末ですne!!


8 バナッハ空間、ヒルベルト空間、線型有界作用素をわかったつもりになり
さらに、詳しく深く関数解析をやろうとしたとき、ふと壁に突き当たった。
ソボレフ空間をはじめ、自分の中に関数解析が入ってこなかったのだった。
それで、ルベーグ積分(+測度論)をやり直し、やっと少し理解できた
というレベルに到達。「ポストモダン解析学」を読んだのも少し前の話。


9 むちゃく ちゃ だ な


10 実は


11 ルベーグ力の5000題


12 nまでの素数の数をrとしてrをnで積分しなさい。


13 S=Σn(pn+1-pn)=np(n+1)-1
pn=(Sn-1+1)/(n-1)


14 866


↑こんなかんじのテーブルが出力される。便利だ。

 

※レス番号は1から順に振られるので,正しい番号が必要ならば,全レスを表示させて実行すればよい。